アメックスは紹介入会が一番お得です!

★11/4まで!SPGアメックス最大75,000ポイント獲得★その他カードも特典あり!

アメックス紹介入会はコチラ

【2021年度版】ヒルトンクレジットカード2種類の特典を比較

AMEX

2021年3月にアメリカンエキスプレスからヒルトン提携のカードが2種類登場しました。
今回はそれぞれのカードがどのような違いがあるのかと、どんな人にオススメかを調べてみました!

・ヒルトン提携クレジットカードの種類
・ヒルトン提携クレジットカードのスペック比較
・どちらのカードがよいか?は「ダイヤモンドステータス」がほしいかどうかがポイント
・「ヒルトン・オナーズアメックスカード」はコスパよし!

ヒルトン提携クレジットカードの種類

ヒルトン発行のクレジットカードは2021年現在2種類となっています。

ヒルトン・オナーズアメリカン・エキスプレス・カード

ヒルトン・オナーズアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード

どちらも名前にある通り、発行はアメリカンエキスプレスです。

ヒルトン提携クレジットカード2種類のスペック比較

それぞれのカードスペックをざーっと並べてみました。

太字にしているところがプレミアムカードで強化された部分になっています。
さらに、色付きマーカーにしているところが、特に注目してほしいポイントになります!

  ヒルトン・オナーズ
アメリカン・エキスプレス・カード
ヒルトン・オナーズ
アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード
年会費 16,500円(税込) 66,000円(税込)
家族カード年会費

1枚無料

2枚目以降 1枚6,600円(税込)

3枚無料

4枚目以降 1枚13,200円(税込)

ポイント・
プログラム
ヒルトン・オナーズポイント
ヒルトン系列での利用 100円=3ポイント 100円=7ポイント
上記以外での利用 100円=2ポイント 100円=3ポイント
入会特典

最大54,000pt
①入会1ヶ月以内に3万円以上の利用で9,000pt
②入会3ヶ月以内に30万円以上の利用で10,000pt
③入会6ヶ月以内に75万円以上の利用で20,000pt
④75万円のカードご利用で獲得できる通常ご利用ポイント15,000ヒルトン・オナーズ・ボーナスポイント

最大146,000pt

①入会1ヶ月以内に5万円以上の利用で17,000pt
②入会3ヶ月以内に30万円以上の利用で30,000pt
④入会6ヶ月以内に150万円以上の利用で54,000pt
⑤150万円のカードご利用で獲得できる通常ご利用ポイント45,000ヒルトン・オナーズ・ボーナスポイント

 会員ステータス

ヒルトン・オナーズ・
ゴールドステータス(無条件)

・ヒルトン・オナーズ・
ゴールドステータス(無条件)

ヒルトン・オナーズ・
ダイヤモンドステータス
(1月から12月の1年間で合計200万円以上利用)

 継続特典 年150万円以上のカード利用と継続で、
ウィークエンド無料宿泊を1泊プレゼント

・ウィークエンド無料宿泊を1泊プレゼント

年300万円以上のカード利用と継続で、
ウィークエンド無料宿泊をさらにもう1泊プレゼント

HPCJ
(ヒルトン・
プレミアムクラブ・
ジャパン)
年会費優待
(25,000円→10,000円(税込))

 年会費初年度無料
・2年目以降の年会費優待
(25,000円→10,000円(税込))

旅行傷害保険

国内:利用付帯(最高2,000万円)
海外:利用付帯(最高3,000万円)

※家族カードも同様の条件

国内:利用付帯(最高5,000万円
海外:利用付帯(最高1億円

※家族カードも同様の条件

航空便遅延補償
なし あり
国内外の空港ラウンジ あり
同伴者1名様まで無料
プライオリティパス なし
手荷物無料宅配

あり
海外旅行帰国時、
空港からご自宅まで、
カード会員1名につきスーツケース1個を無料で配送

無料ポーターサービス なし あり
エアポート送迎サービス なし
空港パーキング あり
空港クロークサービス あり
大型手荷物宅配優待特典 あり
海外旅行先での
トラブルサポート
あり
グローバルホットライン

あり


オーバーシーズ・アシスト

京都特別観光ラウンジ なし あり
圓徳院の無料拝観、
高台寺掌美術館の拝観割引、
高台寺駐車場1時間無料サービス
などを提供、
同伴者3名様までご利用可能
アメリカン・
エキスプレス・
トラベルオンライン
あり
HISアメリカン
エキスプレス
トラベルデスク
なし
ショッピング
・プロテクション

あり

破損・盗難などの損害を
購入日から90日間、
年間最高200万円まで補償

あり

破損・盗難などの損害を
購入日から90日間、
年間最高500万円まで補償

リターン
・プロテクション
なし あり
購入から90日以内なら、
1商品につき最高3万円相当額まで、
1会員口座につき年間最高15万円相当額まで

キャンセル
・プロテクション
なし あり
キャンセル費用などの損害を
年間最高10万円まで補償

スマートフォン
・プロテクション
なし あり
購入後2年以内の本保険の対象となるスマートフォンであれば、
保険期間中(1年間)、
通算して支払限度額(3万円)を限度で保障

 

どちらのカードがよいか?は「ダイヤモンドステータス」がほしいかどうかがポイント

年会費がかなり違うので、プレミアムの特典が年会費に見合っているかがポイントになるかと思いますが、

ヒルトン・オナーズ・ダイヤモンドステータスがほしいかどうかが判断の分かれ目です。

上のスペック表でマーカーを付けた部分は
入会特典最大146,000pt
年会費初年度無料
ですが、これは初年度のみの特典ですし、
年300万円以上のカード利用と継続で、ウィークエンド無料宿泊をさらにもう1泊プレゼント
も年300万以上の利用は結構ハードルが高いです。

ですので、

・ダイヤモンドステータス取得の条件である、1月から12月の1年間で合計200万円以上利用する可能性があるか
・ダイヤモンドステータスの取得に年会費差額49,500円を出せるかどうか(あるいは「一番上」というステータスにこだわりがあるかどうか)

がポイントになります。

ダイヤモンドステータスのベネフィットって何があるの?についてはコチラ

ダイヤモンドステータスのベネフィット

100%のエリートステータス・ボーナス
・エグゼクティブラウンジのご利用
・プレミアムWi-Fi無料(ゴールドまではスタンダードWi-Fi)
・エリート会員資格の贈呈
・48時間客室保証

もちろん以下のゴールドのベネフィットも付与されます。
・お部屋のアップグレード(空室状況による)(客室タイプ 1ベッドルームスイートまで)

・すべてのホテルでの朝食無料サービス(会員および同室に宿泊の1名まで)
・マイルストーンボーナス
 など

「ヒルトン・オナーズアメックスカード」はコスパよし!

ということで、最上級のヒルトン「ダイヤモンドステータス」がポイントなわけですが、
正直、「ゴールドステータス」でも十分すぎるほどのベネフィットがあります。

ゴールドステータスのベネフィット

80%のエリートステータス・ボーナス
・お部屋のアップグレード(空室状況による)(客室タイプ エグゼクティブまで)
・すべてのホテルでの朝食無料サービス(会員および同室に宿泊の1名まで)
・マイルストーンボーナス

 など

部屋のアップグレードも(状況次第ですが)してくれますし、1名4,000円程度の朝食も無料もついているということで、朝食だけでも2名で2泊ぐらいすればかなり年会費の元が取れてしまいます。

まとめ

ということで、ヒルトン提携クレジットカードのスペック比較とどちらがオススメかというお話でした。

再度2種類の選び方のおさらいです。

・ダイヤモンドステータス取得の条件である、1月から12月の1年間で合計200万円以上利用する可能性があるか
・ダイヤモンドステータスの取得に年会費差額49,500円を出せるかどうか(あるいは「一番上」というステータスにこだわりがあるかどうか)

上記条件の両方に当てはまるという方は、ヒルトン・オナーズアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード

そうでない方は、ヒルトン・オナーズアメリカン・エキスプレス・カード

を選んでみてください!

各カードの詳細な解説はこちらの記事に書いていますので見てみてください!

コメント