アメックスは紹介入会が一番お得です!

★11/4まで!SPGアメックス最大75,000ポイント獲得★その他カードも特典あり!

アメックス紹介入会はコチラ

【宿泊記】東京エディション虎ノ門 ~FHR(ファイン・ホテル・アンド・リゾート)を使って~

ホテル

アメックスプラチナには、FHR(ファイン・ホテル・アンド・リゾート)という世界で1,200を超える選りすぐりのホテルの優待を受けれる特典があります。

FHRを予約した場合、こんな特典がついてきます。

世界中の1,200を超える参加ホテルでの宿泊をご予約いただくと、合計で平均550米ドル相当分*¹の無料追加特典もご利用いただけます。

・レストランやスパなどの施設でご利用いただける100米ドル分のホテルクレジット*2
・2名様分の朝食をサービス
・チェックアウトを16時まで延長*3
・お部屋のアップグレード*4
・客室内のWi-Fi無料*5
・12:00よりチェックイン*6

*1 特典の平均換算額は、2020年の「ファイン・ホテル・アンド・リゾート」での2連泊のご予約に基づき算出しています。 各ご利用時の実際の特典の換算額は、宿泊施設、室料、アップグレードの利用可能性、特典の利用の有無に基づいて変動します。
*2 ホテルオリジナル特典は宿泊施設によって異なります。
*3 チェックイン時までにご希望の旨をお申し出ください。
*4 部屋のアップグレードは宿泊施設や空室状況により承れない場合がございます。また一部の客室カテゴリーはアップグレードの対象となりません。
*5 客室内のWi-Fi 無料特典は、施設によってご利用いただけない場合がございます。
*6 12:00よりチェックインは宿泊施設や空室状況により承れない場合がございます。

https://hotel-booking.americanexpress.com/ja-jp/fhr/welcome

かなりてんこもりな特典が付いてきますね。

アーリーチェックインとレイトチェックアウトを含めると、28時間も滞在時間もできます。

売り文句にある ❝平均550米ドル相当分の無料追加特典❞ は2連泊の場合の平均ということで、一泊にすると約275米ドル分。100米ドルクレジット+アップグレード+朝食2名分サービスすると、おおよそそのくらいかな?となり、感覚的にあまり違和感は覚えない数字です。

さて、今回は2021年4月下旬のGW前に、東京エディション虎ノ門に泊まってきました。

東京エディション虎ノ門とは

マリオット系列のブランドの中で最上位にあたる「ラグジュアリー」に位置づけられるホテルです。

エディション・ホテル

ラグジュアリーとライフスタイルの絶妙なバランス。エディション・ホテルは、心に響く料理やドリンク、そしてエンターテイメントが見事に融合された場所です

https://www.marriott.co.jp/marriott-brands.mi

ラグジュアリーさもあり、ライフスタイルホテルのようでもある、堅苦しくなくゆっくりできるホテルです。

2021年時点でカテゴリー 8のホテルとなっており、一番上のカテゴリーにあたります。

日比谷線神谷町駅から直結の神谷町トラストタワー31階~36階に位置しており、
ホテルの方から「このあたりでは東京タワーに一番近いホテルです」と伺いました。

周囲には、Andaz Tokyo、The Okura Tokyoなどが至近にあるので、この3つの中では一番近いという意味だったかもです。

部屋・眺望・食事

ホテルへの入り口はちょっとわかりづらいです。(^^;
どこが入り口だろう?とウロウロしてましたが、「EDITION」の銘を発見してやっとわかりました。

この先にエントランスがあり、名前を告げると奥のエレベーターに案内してくれます。

写真を撮り忘れたので、公式サイトから画像を拝借!

https://www.marriott.co.jp/hotels/travel/tyoet-the-tokyo-edition-toranomon/

エレベーターで31階に上がると、バー、レストラン、フロントのあるフロアにつきます。
とてもモリモリ(森森)しています(笑)

「ニューヨークのエディションも木がわっさわさしており、同じような雰囲気なんですよ」と、こちらもホテルの方から教えていただきました。

コチラも公式サイトから拝借。

https://www.marriott.co.jp/hotels/travel/tyoet-the-tokyo-edition-toranomon/

フロントでチェックイン作業している間に支配人からひと言挨拶があり、ようこそおいでくださいました的な(意訳)言葉をいただきました。

フロアはアフタヌーンティーを楽しむマダムたちで賑わっていましたが、コロナ禍ということもあり宿泊者は少なそうな印象でした。

奥がフロント

フロントの脇にある長い通路を進み、曲がるとエレベーターホールになります。

エレベーターホールの先にはジム、プール、スパがありますが、今回私は利用しませんでした。

プラン

今回はFHRで「デラックスキング」を予約していましたが、チェックイン時に「デラックス トーキョータワー キング」へアップグレードいただきました。部屋の大きさは変わらず東京タワーが見える部屋にちょっとだけよくなった形です。

お値段は。。。
←マリオット公式の左記価格のものにプラスアルファして

・アップグレード
・100米ドル分のホテルクレジット
・チェックアウトを16時まで延長
・12:00よりチェックイン

が付いた感じです。

朝食は元のプランに込み、Wi-Fi無料ももともとある感じですね。公式で予約するならFHRで予約したほうがよいです!

キー

表から裏にかけて「EDI」「TION」と別々に書かれており、つなげると「EDITION」になります。

どなたかのブログでこれをやっていたので、自分もやってみたくなりました(笑)

お部屋

浴槽はあまり広くはありません。

しっかりマスクとアルコールもおいてあります。

アメニティは「ル・ラボ」と書いてありましたが、詳しくないのでよくわかりません。たぶんいいものなのでしょう(笑)


眺望

東京タワーが目の前に見えます!
当日は快晴で、遠くに武蔵小杉の高層マンション群も見えました。
夜のライトアップもとにかく素敵でした。

ウェルカムギフト?

宿泊者全員が対象なのか、FHRで予約したからなのか、マリオットのゴールドエリート会員だからなのかわかりませんが、抹茶のチョコにメッセージが添えられておいてありました。
超おいしくて、一気に三つペロリと。

食事

翌日の朝食は31階のブルールームと呼ばれるレストランでいただきます。
和洋それぞれいくつかメニューがあり選ぶことができます。

味はもちろんおいしいのですが、それよりもこの眺めで朝食を食べるという体験が本当に気持ちよかったです。

バー

今回は、FHRで$100のクレジットも付いているので、レストランと同じ階にあるバーでビール2杯とおつまみをいただきました。

一人で行ったということもあってか、飲みながらホテルの方が話しかけてくれてエディションのことをいろいろ教えてくださりました。

エディションは各都市に2つセットであるらしく、東京にも虎ノ門のほかに銀座にも建設中とのことでした。雰囲気はモリモリではないそうです。

2021年に完成ということで、できたらそちらも行ってみたいですね。

3時のおやつ

レイトチェックアウトが16時ということもあり翌日↑のバーでケーキとカフェラテをいただいてきました。

・・・で、結局$100も使い切れず余らしちゃいました、もったない。。。

まとめ -FHRのお得度-

Marriott Bonvoyのステータス特典と併用可能

FHRで予約する場合、ほかの予約サイトと違い、Marriott Bonvoyの会員ステータスに応じた特典も併用可能なんです!ここが他と違うメリットです!

今回ゴールドエリート会員の特典である25%ボーナスポイントやウェルカムギフトなどもゲットできました。

FHRでの特典はこちら。

アメックスプラチナの獲得できるマリオットゴールドエリート会員の特典。レストラン&バーの15%オフは、FHRの特典である$100を正規の料金で消費し、超過した部分に対して割り引かれるようです。

結局どれくらいお得だった?

ということで、気になることろはここですよね(笑)

冒頭のほうでも画像を出しましたが、公式サイトのプランと同価格のものを選んだ場合、FHRのほうが特典が多くつくため、そういう意味でお得になります。

素泊まりでもいいので最安で!というパターンだと「一休」や「じゃらん」のセールのほうが安いと思われます。

あくまでも、ホテルを十分楽しむためのプランで泊まる場合に、FHRで予約したほうがいいよということになります。

FHRの対象となっているホテルは高級ホテルがほとんどですし、せっかく宿泊するのであればアーリーチェックイン/レイトチェックアウトで滞在時間を長くしてゆっくり過ごし、バーも値段を気にせず使って高級ホテルを満喫できるほうがいいよなーと個人的には思います。

今回はこれで以上ですが、総じて大満足な経験でした!

マリオットゴールドエリートが獲得できるクレジットカードは「SPGアメックス」か「アメリカンエキスプレスプラチナカード」の2枚です。

入会キャンペーンはコチラにまとめていますのでチェックしてみてください。よりよい条件で入会できる紹介制度の利用も可能です。

価格チェック

【 東京エディション虎ノ門 】の価格をチェック!

コメント