アメックスは紹介入会が一番お得です!

★11/4まで!SPGアメックス最大75,000ポイント獲得★その他カードも特典あり!

アメックス紹介入会はコチラ

【ビジネスカード】個人カードとの違いは?アメックスを元に比較!

AMEX
個人事業主を始めた人
個人事業主を始めた人

ビジネスカード発行しようと思うんだけど、個人カードと何が違うんだろう?

クレジットカードのひとつに、ビジネスカードってありますよね。
会社員だとビジネスカードにあまり縁がないのかな?と思いきや、
副業をしている人はプライベート用と仕事用で分けることができたり、ビジネスに特化した付帯サービスがあったりするので、発行を検討してもいいかもしれません。

個人カードとの違いや、実際のビジネスカードの付帯サービスを見て比較してみたいと思います。

個人カードとビジネスカードの違い

一般的な個人カードとビジネスカードの違いですが、個人カードにプラスして以下のメリットがある形になります。

1. クレジットカード払いをすることにより、経費の支払いを一元化できる
2. クレジットカード払いをすることにより、領収書・振込みが不要となる
3. プライベート用とビジネス用で支払いを区別できる
4. 引き落とし口座に法人口座(個人事業主の場合は代表者の口座)が設定できる
5. 年会費が経費扱いになる ※経費処理については税理士等に要相談
6. ビジネス特化の付帯サービスが利用できる

主に支払いを一元化し、法人口座から引き落とすことができ、プラスアルファでビジネス特化の付帯サービスが利用できるということで、個人事業主や副業をしている方は持っていて損になることはないと思われます。

1~5まではどのビジネスカードでも同じですが、6については各社・各カードで様々ですので、アメックスカードを例にどのようなものがあるか見てみたいと思います。

アメリカン・エキスプレス発行カード共通のメリット

一律制限のない利用可能額

アメックスが発行するカード共通のメリットがこれです。
他社カードですと「限度額○○○万円」と決められておりますが、アメックスの場合これがなく高額支払いの場合も電話で相談することが可能です。
仕入れに利用される方は高額になることもあるため、これはウレシイですよね。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードのメリット

※基本的なカードスペックに関しては、アメリカン・エキスプレス・カード(通称グリーンカード)とほぼ同様。
プラスアルファでビジネスに特化したサービスがあります。

年会費追加カード
13,200 円(税込)1 枚につき6,600 円(税込)
サービス内容
海外出張先での24時間日本語サポート
<オーバーシーズ・アシスト>
海外の出張先で、レストラン選びやゴルフ場の予約をはじめ、急な旅程変更、病気やケガなどの際に、「オーバーシーズ・アシスト」が日本語で24時間年中無休でサポート
福利厚生プログラム「クラブオフ」国内外20万ヶ所以上の施設を特別優待料金でご利用いただける福利厚生プログラム「クラブオフ」の年間登録料が無料。追加カードでも利用可。
ビジネス情報サービス「ジー・サーチ」月会費無料(登録制)「帝国データバンク企業情報」や「東京商工リサーチ企業情報」などからビジネス情報をオンラインで入手できるサービスを、登録・月会費無料で利用可。
国内線法人専用運賃をオンラインで
<アメリカン・エキスプレス JALオンライン>
JALオンラインなら、国内線をご搭乗の直前まで予約、変更、キャンセルできる法人専用運賃「eビジネス6」を利用可。
公式サイト 申し込みはコチラ!
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード!

アメリカン ・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカードのメリット

※基本的なカードスペックに関しては、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードとほぼ同様
ゴールドになると、グリーンにプラスしてさらに特典が増えます!

そして、2021/8/3(水)申し込み分より、アメプラと同様にメタルカードになります。

年会費追加カード
36,300円(税込)1 枚につき13,200円(税込)

※追加カード1 枚につき13,200円(税込)
 メタル製の基本カード、さらに追加カードも1枚までメタル製発行可能

サービス内容
クラウドソーシング仕事依頼「Lancers」で、仕事依頼が優先的に表示される有料オプション(PRゴールドオプション 通常8,800円/税込)を初回無料で利用可能。紹介サポート料金を20%オフでご利用可能。
WeWork2020年10月1日~2021年9月30日に、ホットデスクプランを2ヶ月以上ご契約いただいた方を対象に、メンバーシップ料金を2ヶ月間50%割引で提供
健康管理をサポート<ヘルスケア無料電話相談>24時間365日、食事、運動、健康維持などに関するご質問に答えてもらえるほか、医療機関の紹介も可。
シェアオフィスサービス「OFFICE PASS(登録制)」最大10%オフで利用可。(通常月額料金15,258円/税込)
名刺管理アプリ「Eight」新規に「Eight企業向けプレミアム」に申し込と、アカウント料(440円/月・人)を5名分、初年度12ヶ月間無償提供。
公式サイト 申し込みはコチラ!

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード!

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナカードのメリット

※基本的なカードスペックに関しては、アメリカン・エキスプレス・プラチナカードとほぼ同様
もともと個人のプラチナカードも特典がてんこ盛りなのですが、ビジネスカードだと上記ビジネスグリーン、ビジネスゴールドの特典に加えてさらに以下があります

年会費追加カード
143,000 円(税込)4 枚まで無料、5枚目以上は
1 枚につき年会費13,200 円(税込)
サービス内容
ビジネス・プラチナ・カード・アシストレストランのご予約をはじめ、医療機関の紹介など緊急時の支援まで、世界中のほとんどの国から日本語で(24時間/通話料無料)連絡可能。
プラチナ・セクレタリー・サービス24時間365日、出張や接待の手配をはじめ、カード会員様からの様々な要望を電話1本で承わる「秘書」のようなサービス。
メディカル・コンサルテーション生活習慣や運動、食生活などの健康管理と医療に関する無料電話相談や、疾患の治療に適した医療機関の無料電話案内サービスを提供。さらに各種検診サービスも優待料金で利用可能。
公式サイト 申し込みはコチラ!
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナカード!

基本的な特典は、個人と同じです。
こちらに個人用プラチナカードの紹介もしているので、よければご覧ください!

まとめ

ビジネスカード、私的には全然ノーマークだったのですが、掘っていくとなかなか面白いですね!

とくにもともと特典豊富なアメックスだけあって、ビジネスカードにもなるとさらに特典が増えて調べるのが大変でした(^^;

年会費を経費として計上することもできるので、副業などでビジネスを持っている方は、個人カードを作るよりお得ですね!

コメント